FC2ブログ
--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012-11-28

排簫 1(名称)

排簫(はいしょう)は、廃絶楽器の一つです。正倉院には「甘竹簫」として伝わっています。

単に簫ともいいますが、簫には、尺八のような洞簫という楽器もあります。『日本音楽大辞典』によると、金・元代以降は排簫、明代以降は鳳簫とも呼ばれました。鳳簫とは、鳳凰の翼を象った形に竹が並べられたことから呼ばれました。

古代中国の神話上の皇帝である舜が作ったとされます。これも曽候乙墓から出土しています。

中国では、様々な種類の排簫があったようで、陳暘の『楽書』には12種の名が挙げられています。『楽家録』は『文献通考』を引いていますが、ヱン(竹冠に言)簫(22管)、コウ(筊、竹冠に交)簫(16管)、韶(セウ)簫(10管)、十八管簫(18管)、二十一管簫(21管)、歌簫の6種が挙げられています。十八管簫については、「唐楽図が伝える所の簫は18管である。」(さらに『楽書』からの引用かと思われる。)とあり、正倉院伝来の楽器も18管です。
スポンサーサイト

theme : 伝統芸能
genre : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
プロフィール

houteki

Author:houteki
ブログというより自分の整理のため、雅楽に関する様々なことを書いていきます。

カウンタ
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。