2017-11-19

東友矩

東友矩。ひがしとものり、でしょうか。氏で言うと狛友矩。

父は東友直。子に東友周、東友徳、多忠陣(東友篤)がいます。友周は早世とあり、忠陣は多忠致の養子となります。妻について、『地下家伝』に摂津介藤原葛伊の娘とあります。芝家のように思われますが、該当未詳です。

享保14(1729)年5月21日、出生。(『地下家伝』)

元文5(1740)年5月10日、12歳で正六位下に叙され、同日、左近将監に任じられます。(『地下家伝』)

寛保3(1743)年7月22日、右近将監に異動します。(『地下家伝』)

寛延元(1748)年12月26日、19歳で従五位下に叙されます。(『地下家伝』)

宝暦6(1756)年12月21日、27歳で従五位上に叙されます。(『地下家伝』)

明和元(1764)年閏12月19日、36歳で正五位下に叙されます。(『地下家伝』)

明和2(1765)年2月14日、左近将監に任じられます。(『地下家伝』)

明和3(1766)年3月25日、相模介に任じられます。(『地下家伝』)

明和7(1770)年7月27日、死亡。42歳。(『地下家伝』)
スポンサーサイト

theme : 伝統芸能
genre : 学問・文化・芸術

2017-11-18

東友秋

東友秋(ひがしともあき)。氏で言うと狛友秋。

父は東友連。子ですが、『日本音楽大辞典』「日本雅楽相承系譜(楽家編)」に、友行、友賢と直茂(さねしげ、とあり、真茂の誤りと思われる)が挙げられています。友行は養子とし、直茂には()が付けられ、友賢と直茂ともに「元高茂」とあります。『雅楽通解』には、友行、友賢、真茂が挙げられています。

友行については、(1872~?)とあり、『雅楽通解』に松園新八男とあることから、松園氏からの養子であったことがわかります。ただし、経歴等は不明です。早世でしょうか。

真茂・友賢について、いずれも元高茂とあることから、ここでは同一人物とします。真茂は辻家からの養子でしたが、相続後、辻家に復しました。辻高茂→東友賢→辻真茂ではないでしょうか。

天保2(1832)年、出生。(『地下家伝』)

天保12(1842)年6月14日、11歳で正六位下に叙され、同日、左近将監に任じられます。(『地下家伝』)

嘉永2(1849)年2月14日、19歳で従五位下に叙されます。(『地下家伝』)

安政4(1858)年3月11日、26歳で従五位上に叙されます。(『地下家伝』)

明治元(1868)年刊行の『都仁志喜』によると、この時点で正五位下、長門守とあります。

明治3(1870)11月、太政官内に雅楽局が設置され、少伶人となります。(『明治国家と雅楽』)

同年11月24日、東京への異動が命じられ、12月に移ります。(『明治国家と雅楽』)

明治4(1871)年、退官。奈良に戻ります。(『明治国家と雅楽』)

明治35(1902)年、死亡。(『明治国家と雅楽』)

theme : 伝統芸能
genre : 学問・文化・芸術

2017-11-17

東友連

東友連。ひがしともつら、でしょうか。氏で言うと狛友連。始め、真苗(さねみつ)、次に友苗(ともみつ)に改め、芝但暠の養子となり芝葛敬となりますが、実家に復し、東友連と改めます。

父は東真民。一時、芝但暠の養子となっていましたが、実家に復し、兄の東友康が早世したため、東家を継ぎます。子に東友秋がいます。

寛政4(1792)年12月18日、出生。(『地下家伝』)

享和3(1803)年12月19日、12歳で正六位下に叙され、、同日、左近将曹に任じられます。(『地下家伝』)

文化8(1811)年12月21日、従五位下に叙されます。(『地下家伝』)

文政元(1818)年10月16日、芝但暠の養子となり、姓名を改め、芝葛敬となります。(『地下家伝』)

文政2(1819)年2月17日、離縁し、実家に復し、名を友連に改めます。(『地下家伝』)

同年12月18日、28歳で従五位上に叙されます。(『地下家伝』)

文政10(1827)年1月22日、36歳で正五位下に叙されます。(『地下家伝』)

天保8(1838)年7月5日、46歳で従四位下に叙され、同日、相模守に任じられます。(『地下家伝』)

弘化3(1847)年6月23日、死亡。55歳。(『地下家伝』)

theme : 伝統芸能
genre : 学問・文化・芸術

2017-11-16

東友康

東友康。ひがしともやす、でしょう。氏で言うと狛友康。元、真相(さねすけ→さねみ)。

父は東真民。

天明5(1785)年6月23日、出生。(『地下家伝』)

寛政7(1795)年5月4日、11歳で正六位下に叙され、同日、左近将監に任じられます。(『地下家伝』)

享和3(1803)年2月19日、友康に改めます。(『地下家伝』)

同月23日、19歳で従五位下に叙されます。(『地下家伝』)

文化8(1811)年3月11日、27歳で従五位上に叙されます。(『地下家伝』)

文政2(1819)年4月5日、35歳で正五位下に叙されます。(『地下家伝』)

文政4(1821)年4月20日、死亡。37歳。(『地下家伝』)

theme : 伝統芸能
genre : 学問・文化・芸術

2017-11-15

東真民

東真民。ひがしさねたみ、でしょうか。氏で言うと狛真民。元、友政。

父は東友永。子に東友康と東友連がいます。

延享5(1748)年2月16日、出生。(『地下家伝』)

宝暦8(1758)年3月6日、11歳で正六位下に叙され、同日、左近将監に任じられます。(『地下家伝』)

明和3(1766)年8月10日、19歳で従五位下に叙されます。(『地下家伝』)

安永3(1774)年3月23日、27歳で従五位上に叙されます。(『地下家伝』)

天明元(1781)年12月11日、名を真民に改めます。(『地下家伝』)

天明2(1782)年2月25日、35歳で正五位下に叙されます。(『地下家伝』)

寛政4(1792)年2月18日、45歳で従四位下に叙され、同日、紀伊守に任じられます。(『地下家伝』)

享和2(1802)年3月5日、55歳で従四位上に叙されます。(『地下家伝』)

文化6(1809)年12月1日、死亡。62歳。(『地下家伝』)

theme : 伝統芸能
genre : 学問・文化・芸術

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
プロフィール

houteki

Author:houteki
ブログというより自分の整理のため、雅楽に関する様々なことを書いていきます。

カウンタ
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR